エフエムNOW

TOPページ >> エフエムカレッジ >> Sociaクラウド Essay >> Sociaクラウド Essay Vol.03

Sociaクラウド Essay Vol.03

勤怠管理システムの導入で、サービス残業・不払残業手当・36協定違反を回避!

近年はコンプライアンスの問題などから、働き方や労働環境を見直す重要性が高まっています。中でも注意したいのが勤怠管理。サービス残業・不払残業手当・36協定違反など、これらのトラブルは勤怠管理の方法が原因で発生することがあります。勤怠管理の方法を見直し、システム化することでこれらすべての問題は解消できます。今回は、勤怠管理が引き起こすトラブルとそれを解消する勤怠管理システムについてご紹介します。

ずさんな勤怠管理で起こるトラブルとは?

勤怠管理の方法は企業によって異なりますが、出勤簿やタイムカードなどのアナログな方法をとっている企業は管理が不安定で、トラブルが発生しやすいもの。勤怠管理が原因で発生するトラブルやリスクとしては、以下のものがあげられます。

サービス残業

労働時間に関する是正勧告で特に多いのが、36協定に関する違反です。36協定は時間外・休日労働に関する協定届のことで、この届出をしていない場合は時間外・休日労働ができません。届出を忘れていたり、時間を超過していたりといったケースで勧告を受けることが多いようです。

不払残業手当

残業手当が不払いとなっている場合、社員から請求されれば残業代を支払わなければいけません。しかし、会社と社員の認識が異なっていると話し合いでは解決できず、訴訟にまで発展してしまうケースも。訴訟になると不払いとなっている残業手当の他に付加金も請求され、請求額が2倍になることもあります。

36協定違反

36協定は労働基準法第36条に規定されている労使協定で、締結することで時間外労働や休日労働が可能になるというもの。しかし、際限なく労働させてもいいというものではなく、労働時間には限度が設けられています。これを超えると協定違反となり、その状態が続けば懲役や罰金といった罰則が課されます。

勤怠管理システムの導入でトラブル解消!

サービス残業・不払残業手当・36協定違反などのトラブルは、勤怠管理を正確にすれば回避できる場合があります。そこでおすすめなのが、勤怠管理システムの導入です。

勤怠管理システムは、パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器によって社員の出退勤時間を管理するシステムです。通常の出退勤時間だけでなく、残業や休日出勤、休暇の日数なども正確に管理できるので、36協定を違反することはありません。また、勤怠管理システムの記録に基づいて残業代を支払っていれば、サービス残業や不払残業手当といった問題は発生しにくくなるでしょう。

勤怠管理システムを導入すると集計や計算の手間が省けるので、人件費と工数の削減になります。また、指紋認証やICカード認証、顔認証など不正がしにくい打刻方法が多く、不正打刻を防ぐこともできるなど、勤怠管理システムにはさまざまなメリットがあるのです。

勤怠管理システムを活用すれば、アナログな勤怠管理が原因で発生するトラブルを回避できます。他にもさまざまなメリットがあるので、まだ導入していない場合はぜひ導入をご検討ください。

人事業務の課題に対して、多くの課題解決を実現した専門コンサルタントがご相談を承ります。

ご相談フォーム
ご相談フォーム