エフエムNOW

TOPページ >> エフエムカレッジ >> Sociaクラウド Essay >> Sociaクラウド Essay VOL.08

Sociaクラウド Essay VOL.08

「施行直前、もう一度働き方法案のポイント!」

最近よく耳にするようになった働き方法案(働き方改革関連法案)。当初は2019年4月に施行される予定でしたが、諸々の事情によって延期される見通しとなっています。

とはいえ、大企業では2019年4月から、中小企業では2020年4月から「時間外労働の上限規制」が適用されることになったので、その日は着実に近づいてます。

これまでは、「なんとなくそんな法案がある」という程度の認識の方もいたかもしれません。
しかし、施行が近づいている今、施行後に慌てないためにもその内容について確認しておくべきです。

そこで今回は、施行前に確認しておきたい働き方法案のポイントについて改めてご紹介します。

働き方法案(働き方改革関連法案)とは何か?

働き方法案は、政府が実現を目指す働き方改革に関連する法案です。働き方改革の目的は、50年後も人口1億人を維持し、誰しもが活躍できる「1億総活躍社会」の実現にあります。

現在の日本は少子高齢化が進んでいて、将来的に人口が減少することが懸念されています。特に20歳~60歳のいわゆる労働人口が大きく減少するため、働き手の確保が大きな課題となっています。

こうした将来的な労働人口不足を解決するために、労働環境の改善や出生率の向上を目指した、働き方改革が求められたのです。

働き方法案のポイントとは?

上述したように、働き方改革は日本の将来的な労働人口不足という背景からはじまっています。この改革を実現するための働き方法案では、次の3つのポイントが重要視されています。

長時間労働の是正

日本の労働環境の問題として頻繁に取り上げられる長時間労働。長時間労働による過労死や精神疾患の問題は、ニュースでも大きく取り上げられています。過労死や精神疾患だけでなく、長時間労働は出生率にも悪影響を与えるので、働き方改革の中でも大きなポイントだといえます。

正規雇用と非正規雇用の格差解消

正社員と派遣・契約社員などの非正規社員の間にある格差も、労働環境の問題のひとつです。賃金の格差はもちろん、福利厚生など雇用条件全体で格差がみられます。こうした格差をなくすことで、社員のモチベーションや労働生産性の向上が期待できます。

労働人口不足の解消

現在は60歳で定年を迎えた後も働きたいと考えている方が多く、そうした方々を雇用することで労働人口不足をある程度解消できます。働き方法案には、継続雇用延長や定年延長、高齢者の再雇用支援など、60歳を超えても働きたい方のための法案も盛り込まれています。

勤怠管理システムの導入は企業の働き方改革に大きなプラス!

働き方改革で企業に大きく求められるのが、長時間労働の是正です。上述したように日本の長時間労働は世界的にも大きな問題で、企業はその対策を強く求められています。

また、働き方改革ではテレワークをはじめとした柔軟な労働環境の実現が求められているため、労働時間の管理はこれまで以上の正確性が求められます。そこで大きなポイントとなるのが、勤怠管理システムの導入です。

勤怠管理を出勤簿やエクセルで行っているケースもありますが、これらの方法はヒューマンエラーが発生しやすく、また集計にも時間がかかる方法です。そのままでは、将来的な働き方の変化についていけなくなる可能性があります。

その点、勤怠管理システムは出退勤の打刻さえすればその時点で自動的に計算できるので、ヒューマンエラーが発生しにくく、状況の確認もしやすいのです。社外からもアクセスできるので、テレワークなど多様な働き方にも対応できます。

このように、勤怠管理システムの導入は、企業の働き方改革に大きなプラスとなることが予想されます。

参考URL
ナゾ解決ブログ
http://trendy-trendy.net/2692
春夏秋冬
http://haru-natu-aki-fuyu.com/archives/2052
HRNOTE
https://hcm-jinjer.com/media/contents/a-contents-8724/

人事業務の課題に対して、多くの課題解決を実現した専門コンサルタントがご相談を承ります。

ご相談フォーム
ご相談フォーム