エフエムNOW

TOPページ >> エフエムカレッジ >> Sociaクラウド Essay >> Sociaクラウド Essay VOL.10

Sociaクラウド Essay VOL.10

「働き方改革関連法いよいよ施行、要注意一番は従業員」

働き方改革関連法案で焦点のひとつとなっているのが、長時間労働やサービス残業の是正です。長時間労働やサービス残業は、従業員だけではなく企業にとっても非常にリスクが高い問題。
このような問題が蔓延している場合、従業員が会社にとって一番のリスクになる可能性があります。

従業員に労基署に駆け込まれるリスクとは?

従業員が会社にとって一番のリスクとなる。その理由は、労基署に駆け込まれる可能性があるからです。
労基署とは労働基準監督署のことで、労働基準に関するさまざまな事案を取り扱う行政機関です。労基署には労働基準監督官が配置されていて、労働基準関連の何らかの問題が発生した際に臨検という立入検査を行う権利を持っています。万が一従業員に労基署に駆け込まれると、その従業員を雇っていた企業は臨検の対象となるのです。

臨検を受けて実際に何らかの問題が発生していた場合、その問題を解決するための是正勧告が行われます。この是正勧告は行政指導であるため強制力はありませんが、改善せずに放っておくと、最悪の場合は書類送検のうえ刑事処分の対象となることも。

是正する場合も相応の労力が必要となるため、労基署に駆け込まれるようなことがないようにしなければいけません。

従業員に労基署に駆け込まれる前にできること

長時間労働やサービス残業を続けていると、上述したように労基署に駆け込まれるリスクがあります。そうならないためにも、次の3つのポイントは要注意です。

労働時間管理の見直し

長時間労働やサービス残業をなくすためには、労働時間管理を見直す必要があります。管理がずさんになっている場合、労働時間や残業代を正確に割り出すことができず、意図せず長時間労働やサービス残業を課してしまう可能性があります。

所定労働時間の見直し

所定労働時間は、法定労働時間の範囲で定めなければいけません。この原則が守られているかはしっかりと確認しましょう。

実態に合った制度の導入

労働時間にはさまざまな制度があり、それぞれで労働時間の計算方法などが異なります。勤務形態の実態に合わせた制度を導入することで、長時間労働やサービス残業といった問題が発生しにくい環境を作れます。

労働時間管理の見直しには勤怠管理システムを

上述した「労働時間管理の見直し」「所定労働時間の見直し」「実態に合った制度の導入」という3つのポイントを実施するためには、勤怠管理をしっかりする必要があります。勤怠管理がずさんなままでは、たとえこれらを行ってもうまく機能するとはいえません。そこでおすすめなのは、勤怠管理システムの導入です。

勤怠管理システムを導入すると、従業員の出退勤記録を正確に把握できます。さらに打刻した瞬間からリアルタイムで自動集計されるので、長時間労働やサービス残業といった問題を発見しやすいというメリットがあります。勤怠管理にかかるコストも削減できるので、ぜひこの機会に勤怠管理システムを導入してみてはいかがでしょうか。

人事業務の課題に対して、多くの課題解決を実現した専門コンサルタントがご相談を承ります。

ご相談フォーム
ご相談フォーム