エフエムNOW

TOPページ >> エフエムカレッジ >> 社会保険労務コラム「FSR通信」 >> FSR通信 vol.65 有給休暇の取得義務化/健康保険の被保険者資格証明書/試用期間中の雇用契約の解約について

FSR通信 vol.65 有給休暇の取得義務化/健康保険の被保険者資格証明書/試用期間中の雇用契約の解約について

目次

ニュース&トピックス
・有給休暇の取得義務化

気になる労務相談
□健康保険の被保険者資格証明書
□試用期間中の雇用契約の解約について

ニュース&トピックス

有給休暇の取得義務化

◇ 年次有給休暇の計画的付与制度の導入

政府が掲げている「2020年までに有給休暇取得率70%とする」との数値目標に対して、
「年10日以上の年休権が発生する労働者に対し、そのうち5日を発生日から1年以内
に、時季を定めて有給休暇を取得しなければならない」という、いわゆる「有給休暇
の取得義務化」と呼ばれる法案(「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関す
る法律案要綱」)が2018年6月29日可決され、2019年4月1日から施行される。

年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対して、年次有給休暇の日数のうち
「年5日」については、使用者が時季を指定して取得させることを義務付けるもので、
すべての企業において適用される。

労働者が自らの時季指定または計画的付与により取得した年次有給休暇の日数は、使
用者が時季指定すべき「年5日」から除かれるため、年次有給休暇をその年に5日以
上取得済みの労働者に対しては、使用者による時季指定は不要となるが、上記を満た
していない労働者に対しては使用者による計画的付与制度の導入などにより対応を迫
られる。

なお、本制度の導入には就業規則による規定と労使協定の締結が必要になるため来年
の施行に向けて、就業規則に規定があるかの確認や、年5日の取得基準をどの程度満
たしているのかなどのリサーチを進める必要がある。

 

<気になる労務相談>

□健康保険の被保険者資格証明書

Q:年末に新規社員の入社予定があります。保険証の発行を急ぎたいのですが年内の営
業日では間に合いそうもありません。本人からは年末・年始を保険証なしで過ごすの
は不安と言われていますが何か方法はありますか?

A:協会健保の場合、資格取得届の提出後、被保険者証が発行されるまでは約2週間程度
を要し、この間に病院にかかった場合には、窓口にて一旦自費診療として全額を負担
することになります。後日払い戻しを受けられるとはいえ、ご本人の負担は小さくあ
りません。

このような場合、年金事務所で「被保険者資格証明書」の交付を受けておく方法があ
ります。年金事務所の窓口に資格取得届と「資格証明書交付申請書」を同時に提出し
た場合には、年金事務所において、資格取得届の内容審査やデータ入力等、被保険者
資格の取得確認に係る一連の処理を行ったうえで資格証明書を交付しており、各年金
事務所や手続きの時期にもよりますが、基本的には受付当日に資格証明書の交付が可
能です。

なお、健保組合の場合には、各組合にて取り扱いが異なりますので個別に確認が必要
です。

□試用期間中の雇用契約の解約について

Q:新規で入社した社員がおりますが、能力や勤務態度がいまひとつなので、試用期間
(3ヶ月)満了で退職してもらいたいと考えています。試用期間中なので特に問題は
ないという認識でよいでしょうか?

A:試用期間中の雇用契約の解約については、基本的には通常の解雇よりも広い範囲で
認められる傾向ですが、「試用期間経過後、引き続き雇用するのが適当でないと判断
できる客観的・合理的な理由が存在し、社会通念上相当でなければならない」とされ
ています。

どういった場合に解雇相当となるのかは、個別の判断になりますが、「いまひとつ」
などあいまいな理由ではなく、採用時に予定していた業務の遂行、勤務態度、協調性
の欠如などを客観的な資料で判断できるうえ、それに対し、会社として指導を講じた
うえで改善が見られない、といった基準を考慮して検討する必要があります。

 

★魅力ある情報提供を念頭におき、今後とも内容の向上を
図っていきたいと思っております。
ご意見、ご要望等ございましたら、ぜひご連絡ください。

人事業務の課題に対して、多くの課題解決を実現した専門コンサルタントがご相談を承ります。

ご相談フォーム
ご相談フォーム