エフエムカレッジ

TOPページ >> エフエムカレッジ

Sociaクラウド Essay VOL.07

20180608イメージ

いよいよ働き方改革法成立? もう許されない出退勤のペーパー管理 2018年5月に働き方改革関連法案が衆議院を通過しました。働き方改革とは、一言でいえば一億総活躍社会に向けた、多様な働き方を可能とする社会の実現を目指して作られた法案です。 働き方改革によって、大きな影響を受けるといわれているのが「勤怠管理」です。働き方改革によって「勤怠管理」はどのような影響を受け、どのような変化が求...

大阪FSR通信 vol.12 年次有給休暇の取得義務付け(年間5日間)/定年再雇用時の社会保険料

目次 1.年次有給休暇の取得義務付け(年間5日間) 2.定年再雇用時の社会保険料 年次有給休暇の取得義務付け(年間5日間) 働き方改革法案に含まれる年次有給休暇(以下、年休)の改正では、10日以上の年休が 付与される労働者に対し5日について、毎年、会社が時季を指定して付与しなければなら ないとされています。 ただし、労働者の時季指定や計画的付与により取得された年休の日数分につ...

Sociaクラウド Essay VOL.06

20180523イメージ

働き方改革による生産性低下の穴埋め、そして上乗せ 働き方改革の3つの柱のひとつ「長時間労働の解消」。これによって残業の規制が厳しくなり、仕事があっても残業を規定以上に続けることができなくなります。それによって懸念されるのが業績の悪化です。今後は、これまでよりも短い労働時間でこれまで以上の生産性が求められるため、社員一人ひとりのレベルアップが必要不可欠です。今回は、日本の労働生産性の問題、...

FSR通信 vol.60 働き方改革推進関連法案/有効なパワハラ対策について/有期雇用労働者の離職証明書の離職理由記載内容について

目次 ニュース&トピックス ・働き方改革推進関連法案 気になる労務相談 □有効なパワハラ対策について □有期雇用労働者の離職証明書の離職理由記載内容について ニュース&トピックス 働き方改革推進関連法案 ◇残業上限規制は1年延期 厚生労働省は働き方改革推進関連法案(下記掲載)を今国会に提出した。 従来から明らかになっていた同法案要綱に追加して中小企業・小規模事業者への配...

Sociaクラウド Essay VOL.05

20180508イメージ

働き方改革で企業が注意すべき労働基準法。違反や罰則とは? 働き方改革が叫ばれる中、これまで以上に注目されているのが「企業の労働基準法違反」です。知らず知らずのうちに労働基準法違反を犯している企業も多く、摘発されるリスクが高まっています。長時間労働やサービス残業による事件のニュースバリューは大きく、万が一、労働基準法違反による事件が発生した場合、企業のイメージやブランドが大きく傾きます。そ...

大阪FSR通信 vol.11 従業員が住民票と異なる所に住んでいる場合の取り扱い(日本年金機構)/同一労働同一賃金についての続報/国人技能実習生の就労、技能実習後も5年可能に

目次 1.従業員が住民票と異なる所に住んでいる場合の取り扱い(日本年金機構) 2.同一労働同一賃金についての続報 3.外国人技能実習生の就労、技能実習後も5年可能に 従業員が住民票と異なる所に住んでいる場合の取り扱い(日本年金機構) 本年3月5日から従業員の住所変更届及び氏名変更届については個人番号と基礎年金番 号が紐付いている方の場合、日本年金機構への届出を省略できるようにな...

Sociaクラウド Essay Vol.04

20180423イメージ

「働き方改革」における長時間労働の改善。失敗しない残業禁止令のポイントとは? 「50年後も人口1億人を維持し、職場・家庭・地域で誰しもが活躍できる社会」を目指して、政府が推進する「働き方改革」。 この働き方改革において、解消すべき課題となっているのは「長時間労働」「非正規と正社員の格差」「労働人口不足」の3つ。 中でも対応が急がれるのが、「長時間労働」の解消です。長時間労働を...

FSR通信 vol.59 子ども・子育て拠出金率引上げ/雇用保険手続きにマイナンバー必須/自宅での残業について/雇用保険遡り取得

目次 ニュース&トピックス ・子ども・子育て拠出金率引上げ ・雇用保険手続きにマイナンバー必須 気になる労務相談 □自宅での残業について □雇用保険遡り取得 ニュース&トピックス 子ども・子育て拠出金率引上げ ◇1,000分の2.9に 子ども・子育て拠出金率は、毎年、年度末に決定され、今年も例年通り3月31日に 公布、拠出率は1,000分の2.9に引き上げとなった。 ...

Sociaクラウド Essay Vol.03

20180409イメージ

勤怠管理システムの導入で、サービス残業・不払残業手当・36協定違反を回避! 近年はコンプライアンスの問題などから、働き方や労働環境を見直す重要性が高まっています。中でも注意したいのが勤怠管理。サービス残業・不払残業手当・36協定違反など、これらのトラブルは勤怠管理の方法が原因で発生することがあります。勤怠管理の方法を見直し、システム化することでこれらすべての問題は解消できます。今回は、勤...

大阪FSR通信 vol.10 雇用保険手続きのマイナンバー記載強化/勤務時間把握を義務化(働き方改革関連法案を修正)/労働基準監督署が「労働時間改善指導・援助チーム」を編成

目次 1.雇用保険手続きのマイナンバー記載強化 2.勤務時間把握を義務化(働き方改革関連法案を修正) 3.労働基準監督署が「労働時間改善指導・援助チーム」を編成 雇用保険手続きのマイナンバー記載強化 雇用保険の各種届出におけるマイナンバー記載の強化方針が公表されました。 マイナンバーの記載が必要な届出等は以下のとおりです。 ① 雇用保険被保険者資格取得届 ② 雇用保険被...

人事業務の課題に対して、多くの課題解決を実現した専門コンサルタントがご相談を承ります。

ご相談フォーム
ご相談フォーム